So-net無料ブログ作成
検索選択

sin/cos/tan [ソフト開発]

sin/cos/tanなんて勉強したって
使うことないと思っているあなたへ。
現実にはこのようにちゃんと使います。
しっかりと勉強しておいたほうがいいよw

ローンが地面から高さ5mの距離を飛行しています。
カメラは水平から30度下を向いた状態で
被写体を中央にとらえています。
このときドローンと被写体との距離は何mでしょう?
2017-07-27_002.jpg

まずカメラの角度30度から三角形の右上の角度を求めます。
直角の90度から下を向いてる30度を引くので60度です。
次に三角形の左の角度です。
三角形の内部の角度の合計は180度と決まっています。
なので180度から残りの角度60度と右下の直角部分90度を引きます。
これで左の角度は30度とわかります。
この角度から三角関数の公式より
 底辺=高さ÷tan30度=約8.7m
となります。

別に距離なんて計算しなくてもいいって?
さらに状況が変化すると距離が必要になります。

ドローンはぐんぐん高度を上げ10mを飛行しています。
このとき被写体を中心にとらえるには
カメラを何度下へ向ければいいでしょうか?

2017-07-27_003.jpg

さっき計算した距離を使用して公式から
 左の角度=tan^-1(マイナスいちじょう)(高さ÷底辺)
 左の角度=arctan(高さ÷底辺)
は約49度になります。
そして三角形の内部は180度の決まりから右上の角度を計算し、
直角との差を計算すると49度になります。
つまりカメラを49度下へ向けると被写体が中央に写ります。

このカメラの動きをいちいち手動で調整するのではなく、
中心に写った時点のカメラの角度と高度を保存しておくだけで
自動計算して追跡することが可能になります。

sin/cos/tanは必要でしょう?
tanしか使っていない?
ドローンは3D空間を飛行しているので、
ドローンが向いている角度に応じて距離ベクトルを
回転する必要が生じます。
ともかく全部使いますw

無人航空機(ドローン/Drone/UAV)による空撮のご用命はこちらへ↓
http://www001.upp.so-net.ne.jp/kaji-soft/drone/

※空撮を行うには、その場所を所有・管理する機関への申請・承諾が必要です。
 人口密集地などでの無人航空機(ドローン/Drone/UAV)の飛行は
 航空法改正により規制されており国交省からの許可が必要です。
 無許可で無人航空機を飛行させると、
 法律により罰せられるおそれがあります。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。